バッグ

近年注目を集めるノベルティバッグの概況や、種類、価格の幅、オススメの業者などを紹介。

女性誌業界で猛威を発揮

近年、ノベルティとしてバッグを活用することの有効性が注目をあつめています。特に女性をターゲットとした販促活動では絶大な効果を発揮することが、ある業界で証明されました。その業界とは出版、それも女性向けのファッション誌の世界で猛威を発揮しています。

出版不況と言われる昨今、業界全体が売上減少に悩むなか、ある新興雑誌が販売促進のための知恵をしぼり、バッグを“オマケ”としてつけたことがきっかけだったそうです。その結果、関係者の想像を超えた売上を記録し、一躍注目を集めることになったそうです。現在女性誌の売上上位は、ほぼこのノベルティバッグの恩恵を受けているそうです。

もうひとつ見逃せないのが「レジ袋削減」の機運の高まりです。環境不可軽減のためにエコバッグを持つことが、ある種の「カッコよさ」になっており、この点でも人気が高まっています。

単価は80円前後から500円前後まで

結論から言えば、ノベルティ用のバッグは実に種類が千差万別です。小型で薄手の布製ものから、厚手で頑丈な作りのもの、さらには夏場のレジャー向けに保冷機能をもつものなどもあります。

単価は安いもので80円前後高いものだと500円前後まで実に幅広く揃っています。最小ロット数も業者や製品により異なりmあすが、50個から100個位というのが目安のようです。

それらの多くは、自社名やブランド名などの名入れが可能となっています。また一部にはカラー印刷でオリジナルデザインを施せるものもあります。言うまでもなく予算やダーゲット層に応じて、適したものを選ぶべきでしょう。

おすすめのノベルティバッグ業者

  • グッドノベルティ http://www.gdlk.jp/novelty/
    東京・日本橋の業者です。コットン製、不織布製、さらには保冷機能付きやフルカラー印刷可能なものまで、種類・価格とも幅広いラインアップが揃っています。
  • ノベルティ.com http://www.novelty-g.com/
    東京・神楽坂の業者です。バッグの種類は比較的少なめですが、すべて「名入れ可能」で、フルカラー印刷可能や折り畳み式、保冷機能付きまでカバーしています。