HOME >  ノベルティ用オリジナルうちわの豆知識 >  ノベルティうちわの種類

ノベルティうちわの種類

うちわは定番の販促品とも言える人気アイテムですが、最近ではいろいろな型や種類が登場しています。
そこで、おもしろい型や珍しいタイプなど、個性豊かなノベルティになりそうな種類を集めてまとめました。

おもしろうちわ大集合!

ただ扇いで涼むだけでなく、楽しく使えるように工夫が施されているうちわがあります。子供が遊べそうなものから、大人も楽しく使えそうな種類まであるので、インパクトも大きいでしょう。

種付きうちわ
うちわの側面などに、植物の種が入っているタイプのノベルティもあります。うちわが不要になっても、種の部分を切り取って土に植えると、植物が育つようになっているので、子供から大人まで長く楽しめそうです。
販促品でもらったうちわに種が付いているというのはインパクトが大きいですし、エコな印象を受けます。企業のイメージアップにも役立つでしょう。

香り付きうちわ
うちわに香りがついていて、良い匂いに癒されながら涼めます。
最近では、1年近く香りが持続するものもあり、フレーバーの種類が豊富に揃っている制作会社もあるようです。
香りが持続していると手元に置いておきたくなりそうですし、印象にも残ると思います。販促品としての宣伝効果も大幅にアップしそうですね。

蓄光うちわ
うちわの骨などに蓄光塗料が合成されていて、暗いところで淡く光るようになっています。
夏祭りや花火大会など、夜のイベントで配布すると目立ちそうです。
暗いところでも華やかなので、子供や女性には特に喜ばれるのではないでしょうか。

ノベルティなのにゴージャスなうちわ

受け取った人が「販促品なのにすごい!」とつい感激してしまうような、高級感溢れるうちわも登場しています。
うちわは、受け取ってから手に持って歩く人が多いので、おしゃれなものだと周りの人の目にも止まりやすいでしょう。

クリアうちわ
通常は紙でできている部分の素材が、ビニールのような半透明のシートでできているタイプも登場しています。絵柄が透けて見えるので、通常のうちわとは異なる美しさがあります。

耐水性うちわ
絵柄の部分がプラでできているうちわ。水に濡れても大丈夫なので、ビーチやプールでおこなうイベントで配布すれば、便利さを実感してもらえるでしょう。制作会社の中には、UVチェック加工などをオプションで揃えているところもあるので、さらに豪華で実用性があるオリジナルうちわが作れます。

クリアうちわ
通常は紙でできている部分の素材が、ビニールのような半透明のシートでできているタイプも登場しています。絵柄が透けて見えるので、通常のうちわとは異なる美しさがあります。

キラキラうちわ
絵柄の部分がメタリック素材でできているうちわがあります。キラキラと輝いて綺麗なので、男女問わず子供に喜ばれそうです。

竹うちわ
骨の部分が竹素材でできています。昔ながらの懐かしさやうちわならではの渋さを演出できるので、年配の方々には特に喜ばれそうですね。販促品らしさがなく、高級感があるので、長く使ってもらえるアイテムでもあります。